寝だめはダメ?!短時間でも質を上げるべし

毎日の疲れを癒すための睡眠。ぐっすり眠れた翌朝は、スッキリと気持ちよく目覚められますよね。でも仕事や家事が忙しくてなかなか思うように眠れない方、時間的には眠っているはずなのに寝起きが悪いという方など、多くの人が良質な睡眠をとれていないようなのです。平日は眠れないから休日に寝だめをする人も多いようですが、実はこれではダメなんです。寝だめするよりも毎日短時間でもいいから質の良い睡眠をとる方がいいのです。

質の良い睡眠をとるために

短時間でも質の良い睡眠に擦る方法はあります。まずは寝る前にパソコンやスマホを見ないことです。眠れないから時間がもったいないと布団の中でいつまでもスマホを見ていると脳がますます覚醒していつまでたっても眠れません。寝ようと思ったらパソコンやスマホは見ないで布団に入ることです。どうしても寝られない場合、難しい本を読むといいでしょう。自分の理解能力を超える本を読むと頭が疲れて自然と眠くなるはず。一度試してみるといいでしょう。

そもそもなぜ睡眠が美容にいいのか

睡眠が美容にいいのにはわけがあります。睡眠中には成長ホルモンが分泌されますが、これが大きく関わっているのです。その日の疲れを癒すのはもちろん、細胞分裂とこのホルモンが大きく関わっているからです。特に熟睡中に多く分泌されると言われているので、良質な睡眠が重要なのです。速やかな入眠のためには入浴もおすすめです。体温が下がると入眠しやすくなると言われています。入浴によって一旦体温が上がり、それが下がってくるタイミングに布団に入ることで、生理的にも入眠しやすくなるのです。

品川美容外科の判例について調べる